荒川コミュニティカレッジで地域の課題や現状を学び地域活動に役立てよう

仲間と共に地域を育てる

荒川区では、区民のつながりを大切に、地域活動の担い手となるような人材育成に取り組んでいます。その取り組みの一環として開設されたのが、荒川コミュニティカレッジです。コースとしては、平日コースと土曜コースがあり、単位制になっていて、必修講座の他、公開講座やグループワークなどがあります。区内在住、または在勤や在学の方で、地域のことを知りたい方や地域で活躍したいという方が対象です。荒川コミュニティカレッジには、荒川区の歴史や文化を学びながら、地域活動に貢献できるような技術や知識を身につけるための様々なカリキュラムがあります。たとえば、地域活動の団体スタッフや大学教授などから、地域の課題や現状を学び、受講生それぞれが関心ある分野の学びを実践的に行います。グループワークや地域活動体験など、座学以外の学習が充実していることが特徴といえるでしょう。さらに、健康や福祉に関する講座は、首都大学東京との連携により、専門的な講座を設けて、学習を進めています。受講生や修了生による学園祭もあり、講座で学んだ成果の発表や展示、またはスタンプラリーや地域活動の紹介等のイベントを開催しています。様々な年齢や経歴の人が集まり、互いに学ぶ中で、生き生きとした交流が生まれ、その後の文化活動や地域活動に発展するケースも多いです。仲間と一緒に地域を育てていく取組みは、今後の荒川区の大きな発展にもつながっていくことでしょう。

New Posts