目覚ましい経済発展を続けている中国を視野に中国語を学習する区民が増えてきています

HOME>中国語をマスターしたい>中国語をマスターしたい

中国語で難しいのは四声と巻舌音

近年の中国の経済発展には驚かされますが、そのせいでしょうか、荒川区でも、中国語の学習を始める人たちが大変増えてきています。これからの語学学習といえば、競争率が高い英語よりも、競争率の低い中国語ではないでしょうか。中国は一衣帯水の隣国です。ビジネスでお付き合いをするにしても、距離が近いということは最適な国です。荒川区の文化・学習団体として「中国語ひろば」というのがあります。日暮里駅前で、通学にはとても便利な場所にあります。中国人ネイティブ講師と共に、小さな子供から大人たちまで、楽しく中国語を身につけることができます。さらに中国語の勉強を通して、日中の文化交流のイベントも盛りだくさんです。中国語の学習で一番大切なのは、文字の読み書きと発音です。中でも難しいのが声調の学習です。中国の標準語は北京語です。北京語には4種類の声調があり、四声と呼ばれています。この四声をマスターするのは容易なことではありません。中国人ネイティブ講師の助けが多いに役立ちます。それから難しい発音があります。それは巻舌音とかそり舌音とか呼ばれています。本場の北京語を学ぶとなれば、四声と巻舌音から逃げていては、到底正しい北京語はマスターできません。四声と巻舌音を完全にマスターできれば、それだけで、本格的な中国語の発音ができるようになります。中国のネイティブ講師の力を借りれば、案外難なく習得できる技術です。気になる料金ですが、1回あたり500円の会費を支払います。入会金等はありませんので、誰でも気軽に中国語の学習に参加できます。

New Posts